葉酸サプリ 吐き気

つわりの吐き気に苦しむ妊婦には葉酸サプリメントがおすすめ!

葉酸サプリ

 

妊婦の方はよく吐き気に苦しめられてしまいます。特に妊娠初期にはつわりがひどく、吐き気も最もひどい時期となります。しかしながら、この妊娠初期の時期ほど食事をしっかり摂る必要があります。なぜなら胎児の器官形成に最も重要なのがこの妊娠初期の時期であるため、この時期の栄養摂取不足は胎児の奇形や障害にもつながってしまうからです。

 

葉酸サプリ

 

特に葉酸は不足してはいけない栄養素の代表例です。葉酸は水溶性ビタミンの一種で、もしこれが不足してしまうと胎児に神経管閉塞障害を引き起こすことがあります。こうなると無脳症となって死産、流産のリスクが大幅に上昇します。葉酸は野菜に豊富に含まれており野菜からも摂取できますが、吐き気がひどい場合にはなかなか大量に摂取はできません。

 

葉酸サプリ

 

そういった妊婦の方には葉酸サプリメントの摂取をおすすめします。葉酸サプリメントによる摂取を行うと錠剤を数個飲むだけで済み、つわりのひどい場合にでも簡単に摂取することができます。また葉酸サプリメントなら葉酸の内容量が明確であるため、目標量が分かりやすいという利点もあります。
また葉酸は造血機能にも関与しているため貧血傾向の妊婦の方には特におすすめです。ぜひ葉酸サプリを活用してみましょう。

 

神経管閉鎖障害に対する対策

現在、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発生率が低い日本では、神経管閉鎖障害に対する対策があまり行われていません。
しかし近年、食事の欧米化によって葉酸摂取不足が目立ち、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害が高くなっています。
そこで、妊娠可能な年齢の女性における葉酸の摂取量を厚生労働省で発表し、神経管閉鎖障害の発症を事前に減らすよな動きがあります。

 

妊娠希望の女性または現在妊娠中の方は、妊娠する1ヶ月前から妊娠初期(3ヶ月ごろ)までに、1日0.4mg?1.0gmgの葉酸を摂ると良いとされています。
しかし、現代人の食生活を考えると、0.4mg以上の葉酸を摂取することはとても難しいので、サプリメントによる摂取が好ましいと厚生労働省は発表しています。
また、葉酸は、妊娠中の方が心配する奇形や流産のリスクや、つわりの緩和なども期待できます。さらに、リラックス効果や、ストレス軽減など、嬉しい効果もあります。

 

葉酸ってなに?

葉酸は、水溶性ビタミンの一種です。
このように、妊娠中の女性が葉酸を摂取するのは、お腹の中の胎児の発育にとってとても良い影響があるからなのです。
そこで、もし葉酸の摂取をしないとどうなるのでしょうか?
それは、胎児の神経管閉塞障害などに大きな影響を及ぼすと言われています。その確率は、比較的高い確率で無脳症が発生率してしまい、死産、流産の原因にもなります。
さらに、無事に産まれても、その後感覚障害になってしまったりする場合もあります。感覚障害とは、足がしびれてしまったり、排尿障害が起こってしまったりしてしまいます。
その為、このようなことを事前に防ぐ為にも葉酸の摂取を呼びかけています。

 

また葉酸は、妊婦の方の貧血にも良いとされます。造血幹細胞から赤血球に分化する時に保酸素として働くので、それが不足することによって悪性貧血になるのです。
妊娠初期の方は、つわりなどで食事がとりずらい場合もあるので、しっかりとサプリメントで補っていくことが大切です。